治療にかかる費用

心のコントロールができなくなってしまいます。うつ病の症状は事前に理解しておきましょう。そうすることで今後の予防にも繋がります。

うつ病にかかる費用について

うつ病の医療機関における大きな治療法の柱は「精神療法」と「薬物療法」となります。精神療法とは精神科医(または心療内科医)が患者のこころに存在する不安や葛藤を除去するために、カウンセリングや認知行動療法、心理テストなど行ない症状を軽減させる療法です。どちらかというと間接的に治癒に迎えるように促す治療法と言えます。一方の薬物療法は、精神疾患のほとんどは異常な脳波や体内で生成される悪質な分泌物によるものであり、これらの症状を抑える薬剤を服用することにあります。いずれの方法においても窓口での支払いは1回の診療において三千円から一万円程度になります。また薬剤の効能を検査する血中濃度検査などを行なうと更に料金は上昇します。行政の準備する自立支援制度を利用して、経済的な負担を軽減しましょう。

具体的な症状について

うつ病の特徴的な症状には様々ありますが、「意欲の低下」や「感情の激しい浮き沈み」、「集中力の低下や意見がまとまらない」などの症状が発現します。こうした精神症状に加えて身体的な症状をも併発するという特徴があります。頭痛や吐き気、腹痛に月経不順など多種多様です。そのため身体的な疾患のみの治療のため内科へ受診されるケースがあり、精密検査でも何も発見されず、症状は継続するということもあります。この精神症状と身体症状に心当たりがある場合は、精神科や心療内科などうつ病を専門的に診療できる医師へ相談されることをお勧めします。うつ病は慢性化するとなかなか治りにくくなるということもあるため、早期に適切な医療を受けられるように、最低限の知識を持つことが肝要です。

夏になると起こる夏季性うつ病の症状

日本の夏というと、年々暑くなっているといわれています。そのために、近年では夏季性うつ病にかかる人が多く見られます。この夏季性うつ病というのは、文字通り、夏に気温と湿度が高くなることで起こるうつ病のことです。 その典型的な症状は、まず不快感と気分の落ちこみがあげられます。その他の症状は、機嫌が悪くなったり、時には暴力的にもなります。また、食欲不振・体重減少、不眠などの症状も見られます。そして、最悪の場合、自殺念慮まで起きます。 夏季性うつ病の原因は、熱さに対する過剰な反応が挙げられます。近年の日本では、地面からの反射熱、エアコンの熱気などで夏の暑さはとてもすごいです。この大変な熱さのせいで、生理的に夏場が嫌になることで起こります。

夏に起こるうつの解消方法

夏季性うつ病を予防するには、いくつかの注意点があります。まずは、きちんと睡眠をとるように心がけることです。そもそも人間は睡眠中に副交感神経が活発になることで、体の修復、病気やケガの治療を行います。きちんと眠らないと副交感神経が機能せずに、疲れが残ってうつの症状が悪化します。なので、毎日の生活で十分な睡眠は大事です。 その他のポイントは、夏にはなるべく人とコミュニケーションをとるように心がけることが大事です。蒸し暑い季節になると、外は太陽の日差しでとても暑いです。なので、ついついひとりでクーラーの効いた部屋に閉じこもりがちになります。しかし、そうなると余計に憂うつになってしまいます。友人などと交流を図ることで、気分が開放されてうつは改善されます。

3月くらいに起きる春うつ病の症状

3月から5月の春の時期になると、春うつになる方が急増します。この春うつとは、その名のとおり、季節的うつ病の一種で春の時期に発症してしまう症状のことです。 日本人の多くの人達が、春の時期にストレスを抱えやすいといわれています。というのも、春は新しい仕事や環境などで、人間関係など色々な事柄が変わる時期だからです。たとえば、会社員の方は昇進や転勤による引越しなどで、新しい近所づきあいや部下との付き合いなどが始まります。新しい環境に慣れなければというプレッシャーを感じやすく、心身共にデリケートになっています。これまで慣れ親しんだものと別れなければならず、絶望感、虚無感に苛まれることが多くあります。このような心理的状態から、うつ病の症状を起こしてしまいます。

理解ある時代

甘えだといわれてきたうつ病。しかし、最近では国民の理解度が高いこともあり、治療法が増えてきました。その治療法のひとつとしてある、カウンセリング療法。治療効果あるのですが、保険が適用されないため、高い出費となる可能性があります。

MORE

いつからか

うつ病は昔から存在している病気なのですが、発症される原因についてなど、認知されるようになったのは最近です。ちゃんと改善するには周りの協力も必要なので、治療していることを話しましょう。

MORE

周りにいたら

うつ病を発症している人が周りにいたら、「頑張れ」といった激励はしないようにしましょう。その激励はうつ病患者の負担となる原因なので、「ちゃんと良くなるよ」といった前向きな言葉を投げかけることが大切です。

MORE

老人もなる

うつ病を発症する原因を聞くと若者の病気というイメージですが、実は老人も発症します。予防すれば発症することはないのですが、もし物忘れがひどくなったり身体の機能が低下したりしたら、発症している可能性があります。

READ MORE

出てくる症状

ストレスなどが原因で発症するうつ病。発症すると、寝付きが悪くなったり、集中力が途切れたりします。このような症状が出たら病院へ行って治療を受けたり、ヨーグルトといったうつの状態をよくしてくれる食べ物を食べたりしましょう。

READ MORE