理解ある時代

金銭的な負担

うつ病の症状には抑うつ気分、興味や喜びの喪失、睡眠障害、食欲不振・体重減退、倦怠感などの身体症状、漠然とした不安感、自殺念慮など様々なものが挙げられます。これらの症状は仕事を含む日常生活に支障を与えることが多く、少しでも早く心療内科といった医療機関の診断を受け、治療等を行わなければなりません。 その際にかかる費用は、診断と薬の投与ならば2000〜3000円(薬代は別途)くらいにたりますが、これに加え、カウンセリング療法を受けた場合は3000円程(だいたい30分くらい)の上乗せとなります。特にカウンセリング療法は保険が利かないことが多いため、患者にとって金銭的な負担になることが考えられるでしょう。

理解に対する課題

うつ病の症状はかつては社会的に理解されず、ワガママ病と捉えられやすい傾向にありました。それどころか、うつ病の症状は危険・不吉と捉えられる時代もあり、社会的に排除される対象さえなっていました。また、うつ病患者は儲けのための大量の薬漬けに利用されることもあり、昔はうつ病そして症状に対する理解や扱いがずざんだった傾向にありました。 今はうつ病患者が増えたことから社会的に認知されるようになりましたが、最近では非定型うつといった身体症状だけのうつ病、睡眠過多や食欲過多といった症状が出るうつ病、常時抑うつ気分が見られないうつ病などが出てきています。しかし、現在はこのような非定型うつ、そしてその症状は社会的な認知や理解があまり得られていない状況にあります。

春うつを解消するためには

春に発症するうつ病の症状を改善するには、いくつかの方法があります。まず、新しい土地に引っ越してきた場合、家の周りを積極的に散策するといいです。家の周りを散策して、どういう店があるか、スーパーにはどんな商品が売られているか等チェックします。そうして自ら新しい環境に慣れる為に動くことで、早くその土地に慣れる事ができます。その結果、うつの原因になるストレスを感じなくすることができます。また、自分が知らない場所を散策することで、知らない物を発見できる感動を味わうことができます。 その他の、春のうつ病の症状を改善するには、自ら髪型や服装を変えてみるのも効果的です。今までの自分と別れを告げられる効果があり、心機一転頑張ろうという意欲を起こさせてくれます。