出てくる症状

具体的に生じるうつ病の症状

ストレス社会になりつつあるとともに、多くの方が悩まされるようになっているのがうつ病です。うつ病は、精神が長期にわたって落ち込んでしまう精神疾患です。 うつ病の症状には、大きく分けて、精神症状と身体症状があります。まず、精神症状については、ずっと抑うつ気分が続く、仕事に集中できずミスが増える、悲観的な考えに固執する症状があります。また、身体症状については、睡眠不足、疲労、倦怠感、食欲不振、耳鳴りなどが見られます。 うつ病というと、多くの方が心の病というイメージをもたれています。しかし、実は脳の働きが強く影響していると考えられています。仕事などで強いストレスを受けると、脳から分泌されるホルモンバランスが乱れます。そのために、心に悪影響を与えることで、うつは発症します。誰にでもなる可能性は高く、社会全体で正しい知識を持つ必要があります。

うつの状態を良くしてくれる食べ物

うつ病は、近年、日本での患者さんは増加傾向にあります。うつには色々な治療法がありますが、その中でもヨーグルトがうつ病治療に効果があると明らかになっています。ヨーグルトの中には、たくさんのプロバイオティクスという成分が含まれています。この成分には、脳内の化学成分を変更する可能性があることが判っています。具体的に言うと、脳の中にある感情や痛みを司る脳内分野の活動を抑え、うつ症状や不安な気持ちを抑えてくれる効果があります。ですから、うつ病で苦しんでいる患者さんは、抗うつ剤の代わりにヨーグルトを日常に摂取するだけで症状が緩和されます。日常的な食品で症状を緩和できることは、ストレスなく治療を行えます。とても画期的な発見といえます。